好きな筋トレだけでも細マッチョへの道は開ける!~How to continue trainig?~

1部位を徹底するのも手!

筋トレに対するモチベーション、維持できていますか?胸、お腹、お尻と、複数箇所を継続的に鍛えられている人もいれば、種目数の多さに毎度トレーニングへのモチベーションが下がってしまう人もいるでしょう。
それならばいっそ、1箇所だけ傾倒してトレーニングしてみるのもアリだと思います。ただしこれは細マッチョづくりひいてはボディメイクのセオリーからは離れることになってしまいますが、好きな部位を徹底的に極めることで全身の筋肉を作り上げるための基礎が出来上がります。

おすすめは大臀筋!でも早く成果を確認したいなら大胸筋!

私がもし1部位しか鍛えてはいけないと言われれば、選ぶのは断然大臀筋(お尻)です!なぜなら全身の筋肉のうち70%が下半身にあり、その中で最も大きな筋肉だからです!大きな筋肉を鍛えれば代謝が上がり脂肪を蓄えづらい体になります。脂肪が落ちていけば結果的に全身が引き締まっていき、細マッチョになれるというわけです。
しかし、大臀筋を鍛え続けて細マッチョになるまでの道のりは平坦ではありません。見かけはほとんど変わらない時期が続くため結果が分かりづらいです。気づいたらおしりの位置が高くなっていた、という程度なので時間がかかりトレーニングすることに飽きてしまいます。私であればそれでも十分継続の理由となりますが、人によっては挫折に繋がります。それならばいっそのこと、好きな部位あるいは得意な部位を徹底的にトレーニングしていくのはどうでしょうか?例えば結果がいち早く分かる大胸筋を鍛えていくのも手だと思います。もちろん、細マッチョになるにはセオリーに従うのが最も時短になるという側面はあります。
それでは、好きな1部位のみを徹底していくメリットを考えていきます。

やる気が削がれない!

細マッチョになるために必要なのは、継続することです。継続するにはモチベーションの維持が欠かせません。これまでトレーニングに触れてこなかった人が突然、筋トレを何種目もやるなんてそれだけで壁を2〜3枚超えているようにも思います。
それならばいっそのこと、好きな種目だけ徹底する。1部位だけでも継続すれば肉体も精神も鍛えられていきます。筋トレは筋肉に危機感を抱かせることです。ウェイトを挙げる直前は、ジム筋トレをはじめて7年目の私だって嫌だと思うものです。嫌だと思う自分を奮い立たせてウェイトに挑戦するには、少しでも心の負担を減らしたほうがいいと思います。そして家を出てジムに行くという行為に対するハードルが下がります。予定としても筋トレ1種目のみとするとチェストプレスを徹底的にやっても20分かからないと思いますので、フィットネスクラブでもエアロビなどのレッスンを受ける時間を作りやすいです。
フィットネスクラブに2時間という時間を作ったとして、最初はウォームアップとチェストプレス、次にレッスン45分間を受けて有酸素運動を取り入れ、お風呂へ行って終了というのも無理なく計画できます。

1部位を徹底することで小さな達成感を得られる

1部位だけ徹底的にトレーニングしてみると、結果を得やすいです。結果とは細マッチョになることではなく、鍛えた部位が強くたくましくなるということです。私は過去、ペースや呼吸などを意識していなかったためやり方は間違っていたものの腕立て伏せを頑張っていたことがあります。
これは高校入学時にバドミントンの部活で筋トレメニューをした際に、腕立て伏せが殆どできず回復力もなかったためトレーニングをしたあとは全くラケットを上手に振り回すことができなかったため、毎日取り組んで苦手を得意にしてしまおうというものでした。高速の腕立て伏せにもかかわらず最初は20回x3setsのみで次の日は筋肉痛になるくらいです。しかしこれも1年継続していくうちに、50回x3setsやってもまだ続けられるくらいに成長していました。そして、手を広げる幅に合わせて3種類(肩幅より広く、肩幅、肩幅より狭く)やるくらいにまでなります。確か高校3年生で部活を引退するまで、最終的には80回x3setsx3パターンくらいは普通にできるようになっていたと記憶しています。
さて、これだけの成長過程と最終的な段階でどのようになったか?
体育の着替えや水泳の授業の際、胸筋を褒められるようになりました。部活動をしており10代でもあったため当時も太っているわけではありませんでしたが、足腰は細く腹筋もなんとなく割れている程度でした。その中でも胸筋と上腕二頭筋についてはどんどん成長していました。そのおかげで筋肉キャラに扱われ始めます。褒められれば維持するために筋トレをやめる訳に行きません。
どちらかといえばバドミントンに必要だったのは体幹や足腰だったのですが、そんなの無視して腕立て伏せをやり続けました。
まさに褒めてもらうという成果のためにがんばれた証拠です。鏡の中の自分を褒めるのも大切ですが、他の人から褒められるのはかなりの威力を発揮しました。

1部位を磨き上げれば他へ応用できる

私の腕立て伏せの例は知識を増やすという意味であまり良い例ではありませんが、高校生の時に筋肉キャラが定着したことは大学や社会人でも筋トレでボディメイクすることの大きな原動力となっています。また腕立て伏せを通じて「筋トレへの抵抗がなくなる」→「フィットネスクラブのアルバイトで正しい知識を得る」→「効率的に鍛えるようになる」→「筋トレや食事への知識のアップデートを繰り返す」という段階的なアプローチを取れています。
正しい知識を最初から得ていれば最初から効率的ではありましたが、もし大胸筋を鍛えるにはどうすればいいか、徹底的に考えていたとすれば「正しい知識を得て、筋トレと食事分野のアップデートを繰り返す」→「大胸筋が美しく発達する」→「褒められる」→「全身を鍛えたくなる」という図式になります。筋トレの基本は全種目共通なので、1部位について徹底的に考えることは将来部位を増やしたときに圧倒的に役立つようになります。1度筋肉キャラという立ち位置が決まれば、必然的に周りから「どう鍛えてるの?」という質問や、自分は知らないことまで質問されるようになります。そして質問に対する答えを調べると同時に、筋肉キャラを受け入れ今よりも多くの部位を鍛えたくなります。つまり細マッチョを得るために大臀筋や体幹もトレーニングするようになります。
ここまでくれば、生活の中心の一つに筋トレというものが入ってくるようになります。そして更に褒められるようになります。必然的に質問も多くなり知識もアップデートを繰り返さなくてはならないという好循環です。

苦手な筋トレはこの際後回しでいい

どうでしたでしょうか。1部位だけを徹底的に鍛えることも遅かれ早かれ細マッチョへの道につながるのです。
やらない言い訳を作るのは簡単ですし、自分を正当化できますがそれでは一生変わることはできません。
得意で好きな部位、筋トレ種目を徹底的にやってみてもいいのです。
細マッチョになれば自分の得意な世界を1つ増やすことができます。「どうすれば続けられるか」考えて自分を変えていってほしいです。今日から是非実践しましょう!


最新情報をチェックしよう!