毎日筋トレに触れる!〜地味な継続こそ細マッチョへの近道!〜

はじめに、Muscle Okkunの自戒を込めて

前回まで、脚、腹、背中の筋トレマシンを紹介してきましたが、今回は筋トレを始めて、続けるコツを書いてみます。私自身、筋トレの習慣はついているものの、このブログの様な活動はついサボってしまいます。「私がなぜ筋トレを継続できるのか?」振り返ってみて、他に活かしていきたいです。筋トレの仕方はまた後日紹介しようと思います。

まずは1回でもジムに行こう!

「細マッチョになりたい」「今よりも格好いい肉体を手に入れたい」そう思った時、どんな肉体をイメージしていましたか?イメージの大切さは以前紹介しましたが、トレーニングを開始し、かつ継続できているでしょうか?
筋トレを始められている人はその時点ですごいとおもいます。
なぜなら、それまでの生活習慣に「筋トレを入れる」ということができたからです。人間は変化するのが苦手です。まずは筋トレに1回でも行ったことに誇りを持ちましょう。まだ開始できていない方は、今すぐ予定表に書き込んでしまいましょう。できれば誰かと約束すると実現しやすいです。住んでいる市町村のスポーツセンター、会社の契約ジム、スポーツクラブ、24時間ジム、なんでもいいです。ただ、いきなり月会費がかかる契約型のものはハードルが高いと思います。行きやすいところを今すぐ調べて、予定表に書き入れてください。ポイントは、「今すぐ」予定を立てることです!一説では新しい行動は48時間以内にしないと結局はやらずにおわるとか。

では、いかに継続するか?もちろん、筋トレをその1回だけで大好きになれば何も問題ないと思います。好きなことをするのは楽しいので何が何でも予定に入れてしまいますよね。
でも現実としては1回で大好きになれない人が大半です。
筋トレに挑戦したということは「自分を変えたい」という素晴らしいモチベーションを持っているはずですので、あとはいかに日常生活に落とし込むかです。

習慣化が鍵

0→1が一番辛い

さて、「筋トレをしたことがない」→「筋トレに挑戦する」
これだけでも相当なエネルギーを使ったはずです。
さらに、「筋トレを継続する」となると一ヶ月くらいは相当消耗します。
なぜなら、1回くらいであれば「日常」に「非日常」を加えてもその日以外は「日常」なのですから。
しかも、筋トレは辛いです。どうか、トレーニングしたこと自体を誇りにしてください。

まずは毎日触れる!

日常に落とし込むためには、「毎日触れる!」これに尽きます。
結果を求めず(←これ重要!!)、ひたすら毎日筋トレという事象に触れます。

私は現在週に2回ほどジムに通い、2回ほどバドミントンの練習をしています。
同じ日に両方やるときもあります。
なので、実質的な行動として運動をしているのは週に3〜4回です。
「毎日ではないじゃないか!」という指摘が入りそうですが、筋トレまたはバドミントンに関する情報には毎日触れています。

最近では雑誌読み放題サービスがあり、お得になりました。私はこのサービスを利用してTarzanを愛読しています。他の健康系の雑誌も多く存在するので今後、読む雑誌を増やしていこうとも考えています。
雑誌での中では、「何を意識すればいいか」「なぜそうするのか」など、筋トレのノウハウ以上に医学的な根拠を知ることができ、普段のトレーニングの効率がアップするとともに、「次はこれを試そうかな」と、筋トレに行きたくなる知識が満載です。是非、一度登録してみてください。月額400〜500円程度ですので、雑誌を書店で買うより安いです。
納得していただけるのであればここでも、「今すぐアプリをダウンロードする」ことが大切です!私はTarzanの他にもBadminton Magazine を読みたいのでdマガジンを購読しています。

結果を求めるのは二の次

これは一見、「細マッチョになる」というテーマとは相反しますが細マッチョになるために必須のことです。なぜなら、ギブアップしたらそこで終了ですから。。。
先程も書きましたが「結果を求めない」というのはとても重要です。筋トレにハマってくれば、習慣化ができているので結果を気にして取り組み、理想の肉体を目指して取り組むのは大いに推奨できます。ただ、そうなる前まではモチベーションに影響するので、「習慣化する」ことに全力を注ぎましょう。

習慣化へのマジックスリー

私の感覚ですが、以下の様に言えると思います。色々と使われるマジックスリーです。ちなみに私は経験したことないですが、三ヶ月で生まれ変われるパーソナルトレーニングをするジムが流行っていますが、理想の肉体(90%)までの期間が極端に短いので、相当徹底した生活習慣を過ごしていると想像します。
・3日通えば筋トレの良さと辛さがわかる→行くこと自体がハードル高い
・3週間で習慣化が出来る→通うハードルは低くなったけど結果出ないので諦めたくなる
・3ヶ月で肉体が変化し始める→結果が出始めて楽しくなり始める
・3年で理想の90%の肉体となる→肉体づくりの豊富な知識も得ている
ちなみに、多分最後の10%は永遠に届くことはないでしょう(笑)
例えるなら芸術と一緒で、周りから見れば理想の肉体でも本人からすれば「いや内臓脂肪が」「昨日食べ過ぎて皮下脂肪が」「まだ腹筋が割れきっていない」といった、他人からは一見すると理解できない悩みが出てきます。これは本人にしかわかりません。

話が逸れましたが、まずは習慣化を目指して3週間愚直に続けてみましょう。いけるのであれば毎日行くほうがいいと思いますが、サラリーマンには時間がありません。実際にジムに行くのが週2〜3日だっていいんです。行けない日は雑誌を読んで補うのです!忙しいと思いますが、ジムに行けない日は1日15分間は意識的に情報に触れてください。まずは今日から一ヶ月、週2〜3日のペースでジムに行く計画を立て、予定表に書き込んでください。そして、行けないとしたらいつ雑誌を読める時間を作れるか考え、できればそれもデイリーの予定表に書き込んでください。あとは実行するのみです。

まとめ

・1回はジムに行くことができましたか?
→行けていればOK
→行けていなければ今すぐ行きやすいジムを調べて、今すぐ予定表に書き込む!
・習慣化が細マッチョへの近道である
→習慣化するまでは消耗するので、週2〜3日のペースで予定表に一ヶ月分くらいジムの予定を書き入れておく
→雑誌を買う、雑誌読み放題サービスに登録して、毎日筋トレに触れる準備をする
→雑誌を毎日15分は意識して読む
→少なくとも3週間は頑張って取り組む

いかがでしたか?ジムの習慣化に悩むあなたには是非一度取り入れて見てほしいです。私自身、このブログを習慣化するヒントとして取り組んで行きます。
まずは平日の朝8時〜30分間、ブログ関連に使います。
土日は家にいる時間の内、最低1時間時間を作ります。

あなたも普段使っている予定表を埋めることから始めてみてはいかがでしょうか。


最新情報をチェックしよう!