壮大な計画は細マッチョから遠ざかる!?〜Let’s make a easy plan!!〜

1日あたりのトレーニングスケジュールを見直そう

ジム通いは順調でしょうか?習慣化に成功した方も、そうでない方も、1日当たりの負荷を考え直して見てはどうでしょうか??コンスタントにジムに通う習慣ができ、その都度ある程度のメニューをこなせるまでになるには時間がかかると思います。
例えば毎回、脚、腹、背中、胸、肩・・・と、数多くの部位を刺激し尽くすために全力を注ごうと意気込んで行くとどうでしょう?1回通して3時間はかかると計算。サラリーマンは時間制約があるので少しでも予定を押してしまうと、ジムに行く前に時間がないからと諦めてしまいそうですよね?
このように挫折しそうになるのなら是非、割り切って1日1部位をお勧めします!

始めこそ、1日1部位がお勧めな理由

私が受験生時代にもよく言われたことですが、筋トレでもいわゆる「計画倒れ」なるものは存在します!
計画倒れを予防するという意味で、「少し物足りない」くらいで止めておくのが継続へ最も効果を発揮するのです!

壮大な計画を一度実行してみると、ジムに行くためのメンタルブロックが強くなる

一瞬、習慣化のために必要なことと思われがちですが、毎回多くの種目をやり抜く計画は挫折に繋がりやすいです。
筋トレはやった後はかなりの爽快感を得ることができますが、筋肉に負荷をかけている間は辛いです。
習慣化への第一歩の段階の中で壮大な計画をたて、実行するとその辛い経験を思い出してしまいます。
筋トレにはまっている私でさえ、レッグプレスやスクワットをやっている最中を思い返せば、辛いです。
かつての私もレッグプレス→アブドミナルクランチ→ロータリートーソ→チェストプレス→ペクトラル→ローロー→ラットマシン→ランニング10kmを最低限行うという、壮大な計画を描きながらジムに通っていました。行ってみると簡単に実行できるのですが、行く前に、「またあれやるのか〜」と一瞬でも思い出してしまい、つい準備をだらだら進めてしまいます。結果、終わりの時間は決まっているので種目数を達成できずにダラダラしていた自分を責めることが多かったです。それならば部位と種目を絞って、「今日はレッグプレスとランニング」のみ「今日はアブドミナルクランチとロータリートーソのみ」とした方が圧倒的に通いやすかったように思います。

予定が少しでも押すとジムに行きたくなくなる

1回のトレーニングごとに、壮大な計画を立て、実行できたとしましょう。
かつての私のように、ウォーミングアップ→脚→腹→胸→背中→有酸素運動と壮大な計画を立てジムに行くごとに実行したとしましょう。ウォーミングアップで15分、各筋トレで10分x7種目=70分、有酸素運動を50分とすると、無駄なことをしなくても135分、2時間ちょっとかかります。さらに、筋トレの種目間は多少心の準備を必要としていましたので、実質2時間半もトレーニングをしていました。
当時の私は仕事後にジムに行くと計画して、定時で帰って家に着いたら19時頃。食事を済ませて準備して、向かうとするとジムが家から5分にも関わらず20時スタートでした。そうすると、23時にトレーニングが完了です。壮大な計画を立てている分、家を出るのにも相当な覚悟が必要でした。覚悟を決めきれずにズルズルして行くだけで、後ろ倒しになり、結局計画をフルで行う日など限られたものでした。そうするとトレーニングバランス的にはウォーミングアップと下半身ばかり行うことになり、ランニングと上半身はどんどん後回しに。そんな自分の甘えが嫌になったものです。細マッチョを目指すなら、下半身を徹底的に行うのはいいことですけどね。とにかく家を出るのが億劫になっていました。

複数種目で全力を出し続けるのは辛くなる

これは私自身の体験ではないですが、こんなことがありました。
ある日、普段軽くしかトレーニングしていない職場の同僚とともに1:2のパーソナルトレーニングをすることになりました。
その日のメニューはフリーウェイト。トレーナーの方には事前にスクワット、デッドリフト、ベンチプレスをお願いしていました。私は普段からフリーウェイトに取り組んでおり、3種目やることにはある程度免疫がありました。
フリーウェイトエリアの空き状況からまず、ベンチプレスを行い、次にスクワットを行いました。トレーナーの方の助けもありその時点で2人ともかなり追い込んだ筋トレをしていました。そして3種目目のデッドリフト。私はいつもの通り行おうとしましたが、同僚はもう気力が残っていないと、デッドリフトを行うことはできませんでした。この時、気づかされました。1日で複数種目を行うこと自体、とても気力を消費することであると。筋トレ種目を多く行うことも、慣れが必要であることを再確認しました。
ここを無視して壮大な計画を立て、実行しようとするとどうなるか?きっと、二度とトレーニングに行こうとは思わないことでしょう。

先ずは1日1種目でいい。続けることが大切!

どうでしたでしょうか。壮大な計画を立て、実行し続けることは私の経験上からもとても苦しくなります。今一度、長いスパンで継続することを目標に、1日1部位、さらにいうと1種目でいいんです!
1日あたりの目標値をできるだけ下げること。これができれば多少辛くてもジムに行くことを継続することができるでしょう。後は時間の確保だけですよね!勿論、慣れてきたら時間と相談して徐々に種目を増やしていただいて構いません!

どうせ1種目なら、レッグプレスから!

時間を確保し、1日あたりの負荷を下げれば、後は実行するのみです!
1種目に絞るとすれば優先すべきはやはりレッグプレスです!理由は、下半身に筋肉は集中しており、そこを鍛えることで太り辛く痩せやすい体となる為です。1週間の中で、優先順位の高いものから行なって行きましょう。明日はレッグプレス、明後日はアブドミナルクランチ、明々後日はチェストプレス、といった具合に。ぜひ、気軽にジム通いを継続しましょう!


最新情報をチェックしよう!