細マッチョは無料情報に踊らされない!判断力を磨く。

情報はどこから仕入れていますか?

あなたは普段、情報を探すときの手段は何を使っているでしょうか。スマホやパソコン、タブレットが普及している現代において殆どの人はインターネットだと思います。そしてその殆どが無料情報です。
昔から、「ただより怖いものはない」といいます。気づいたら不要なダイエット用品やサプリなどを買っていた!なんて言うことはないですか?独学だけでなく、有料で情報を仕入れる意義について私の経験を踏まえて紹介したいと思います。筋トレもすべて無料で済ませると怪我につながることだってあるんです!

「無料独学で達成!」というプライドは捨てよう!

「無料情報をだけを駆使して細マッチョになった!」確かにこれはすごく格好良く感じます。
特にインターネットは検索しやすく様々な人が様々な形で情報発信しているため、多くのことを知ることができます。そして正しい情報も多いです。一方で、怪しい商品を売るための記事も残念ながら存在していると云う印象を受けます。そのような中、私の周囲の人々では「無料情報だけで肉体づくりするのがいいんだ!」と誇らしげに語る人が時々います。しかし、話してみると理にかなっていないトレーニングを積み重ねているだけだったりします。勿論効果がないわけではないですが、やるなら断然「無理せず最短時間で」というのが良いはずです。そこを目指すにあたりお金をかけることは必然だと思います。ただ残念なことに有料情報といえど詐欺案件も存在しています。
そのため信頼できる人に指導してもらうというのが最も手っ取り早く確実な方法ですが、普通の生活をしていて身近に信頼できる専門知識を持った人が存在するというのは稀です。ということは選球眼をつけるのが最も良いのですが、これがなかなか難しいですね。
ということで極端な選択肢としては以下の2点です。
1.業界内部の人間となり、自身のスキルアップとともに知識をつける。
2.無料情報でも、徹底的に調べることでリテラシーを上げ、騙されることを覚悟で有料情報を取りに行く

どちらにしろ運の要素はあると思います。
1で賭けるリスクは自身の時間と労働力です。2で賭けるリスクはより多くの時間とお金です。

それぞれ、私の経験を紹介します。
まずリスクの内容についてですが、その業界の内部に入って労働者となり働くことで知識の対価として時間と労働力を支払います。その代わりにお金を手にすることはできますがここではさておき。
私が何故トレーニングに詳しくなったかといえば、一定期間ですが内部の人間になったからです。
22歳の時から2年程フィットネスクラブでアルバイトをしました。
アルバイトとはいえ、ボディメイクや健康のために来館されるお客様のためにどんどん知識を提供していかなければいけません。筋トレやトレーニング全体の基本、基礎知識などを研修で学び、自身のトレーニングで意識するとともに経験を踏まえてお客様にご案内する。繰り返して行くうちに2年はあっという間に経ち、それまでは我武者羅だった私のトレーニングは効率化されており、狙ったところをピンポイントで鍛えられる様になっていました。そして、筋トレにはトレンドがあるということを学び、アルバイトを辞めた後でも意識して情報収集して知識の増強を図っています。より良いトレーニング方法や、自身が感じていた疑問の糸口を発見した時は楽しいです。一定期間だけでも内部の人間として働いたことはそれまでの認識を大きく変えることとなりました。

次に、2についてです。リスクについては想像しやすいですね。
無料情報は良いことも悪いことも、沢山書いてあります。その様な中からいわゆる「不変の真理」を発見することは膨大な労力が必要となります。そして徹底的に調べるという事は、調べ終わるキリがないのです。まさに膨大な時間を賭けることになります。次に、ある程度調べ終わると、無料情報だけでは結局どうすれば良いかわからないのでプロから情報を取りに行く必要があります。プロとはその知識で生計を立てている人のことですので、ここで初めてお金をリスクに晒して勝負に出るわけです。

私は現在マネースクールというコミュニティで金融知識の学んでいます。そこではプロの知識を提供してもらい、保険や投資をはじめとして、「何故良い商品なのか」「何故すごくいいとはいえない商品なのか」ということを学んでいます。例えば確定拠出年金は一般的には良い商品であるという認識があると思いますが、視野を広げてみるとまだまだいいものは沢山あるという事実が見えてきます。会社勤めでなければ掛け金を別のものに運用したいと思うくらいです。
さて、現在お世話になっているマネースクールですが行き着くまでは長い道のりでした。
お金について不安を持つきっかけは同世代の結婚式ラッシュ。
年に8回もあった上に、住んでいる関東圏ではなく大阪や北海道に行かなくてはいけないことも頻繁にありました。そんなこともあり、その年の夏のボーナスは全てご祝儀と結婚式関連の旅費で消えてしまいました。さらに、元々大学の友人達は規模の大きい会社に勤めていることもあり私よりも年収が高く、入社した会社で生涯の資産が決まってしまうことに悔しさを感じていました。
お金がない現状を打破したいので何かをしなければならない。しかし何をしたらいいかわからない。
ひとまず読書でお金の本を読み知識をつけていきましたが結局は人並み程度のことしかできませんでした。ここで、一通り調べ終わるまでは時間のリスクをかけていることになります。

実際の行動を伴いたいと考えて情報を模索していた矢先に当コミュニティに出会い、入会を決意しました。アラサーにとってはまだまだ高い入会金ですので大勝負でした。このときかけたリスクはお金です。

お金をかける案件が詐欺なのかどうかというのは最終的には運の要素もありますが、調べられるところを調べることで失敗の可能性を下げることができます。私も本を50冊ほど読んでやっと踏み切りました。結果的に見ればもっと早い段階で決断した方が時間を抑えられますが、「ここまで調べて騙されれば仕方ない」というスタンスになったことが大切だと感じています。
現在は将来の不安を消すことができ、将来のお金に関する不安などなく全力で今の活動に専念できています。そして入会金以上のリターンを得ることができています。入ってよかった!
では実際に、無料情報と有料情報の違いについて考えていきます。

無料情報には意図・間違いがある

これはインターネットでの情報検索で感じたことです。
まず前提として、本当に役に立つ情報も多いです。筆者が読者のことを想い一生懸命書いた記事が多く、私が労働やお金と引き換えに得た知識と同じ内容、それ以上情報も数多く見受けられます。
しかし身体に関する情報を調べるときも、金融知識を調べるときも感じました。
まず、肉体づくりについてですがとにかくアフィリエイト用のリンクを押してもらう意図が
見えてくるように、読者に恐怖を煽ることや、にわかには信じがたいほどの効果を謳ったものが多いです。「話題になっています」というのは何を根拠に言っているのか、判断がつきませんでした。もしかすると本当に効果的で、話題になっているのかもしれませんが、そこでその商品を買うお金のリスクと試すという時間リスク、健康を害するかもしれないというリスクを考えればその情報だけで判断するのは危険です。記事の中ではまるでその商品がないと理想のボディメイクが出来ないというかんじですが、そんなことはないと思います。
私の場合は一つの記事だけで判断せず、自分よりもっと詳しい人に質問したり、専門知識が載っている書籍をいくつか調べた上で判断しています。
金融についても調べたことがあります。私は手を出そうとした商品について、自分なりに調べてから申し込もうと思い情報検索しました。すると、ある記事では海外に資産を置くことを考えるなら悪くないという記述。そしてまたある記事では法律的に違法だからやめた方がいい、と。もはや素人には何が何だかわかりませんでした。でも後者の記事をよく見て行くと、法律的には違法だが私がある手続きをすれば違法じゃなくなる、ともかいてありました。要旨だけ見るともはや意味がわからない記事でしたが、素人であればその著者に連絡を取ってしまいそうな文面です。
私はその際、現在所属するコミュニティ運営者に質問を多くすることで疑問の解消をしました。結果的には違法性などなく、問題ない商品であることがわかっため購入しています。
記事の著者は、自分へのリターンのために恐怖心を煽っていたのだと思います。
無料情報には意図があることを思い知らされた出来事でした。

我流onlyは怪我や不調につながる

金融では早めに専門家に相談するという手法を取ったため、あまり失敗している感覚はないです。しかし書籍などの情報検索期間中にそれらの内容を鵜呑みにしていたらと思うとゾッとします。書籍と言えども実行するのであればしっかりと吟味する必要があります。一例を出すと、書籍中では初心者からはじめられるお金の運用ということで、月々少額から始められて最終的には1000万円以上貯まるとの記載です。今だからこそ考えが及びますが、そのシミュレーションの前提が、「投資に慣れて毎年投資額を倍にして行く」ということでした。「投資に慣れる」から「投資額を倍にする」のでしょうか?投資に慣れたのであれば、リスクとリターンを考慮してより良い商品を分析し分散での少額投資や時には一括で多額の投資を行うことではないのでしょうか。「投資額を倍にする」は最早意味がわかりません。最初の数年は家計的に可能でも続けられるのか疑問です。最初の年に1万円だったとしても5年後は2の4乗=16万円投資しなければいけません。
トレーニングにしても、無料情報で筋トレのやりかたを調べたとして、自分を見なければイメージ通りのフォームかなんてわかりません。怪我のリスクや、効果が出ないという結果につながります。
サプリについてはかけるりすくはより高いものになります。お金、時間、健康というリスクをかけて、肉体美という結果を得られるのか?サプリに沢山の時間とお金をかけるなら、トレーニングを戦略的に行いプロテインを飲んでいた方がいいのではないかと思います。
信頼できる専門家に出会った時、試してみるのがいいのではないかと思います。

有料は情報の原液に近づくことができる

これはとても大切なことです。「伝言ゲーム」は誰もがやったことあると思います。10人ほどで組みを作り、一人目がいった言葉を二人目に伝え、ふたりめのひとは3人目に、と繰り返すやつです。
そして10人目に伝わった時には、1人目が言った言葉とは全く違う言葉になっている。
同じことが情報の質にも同じことが言えます。現在の金融コミュニティでの情報源は世界を股にかける組織です。最新の金融情報が沢山あります。あらかじめ聞いていたことがのちに新聞などで話題になるなども度々あります。しかし、そこでのキーとなる考え方はやはり原液に近い方が正確に受け取ることができると感じてています。
トレーニングメソッドについても同様のことが言えるでしょう。
最新の情報は最新の情報源に近い程正確で早く手に入れられるのです!

お金で時間を買う意識

以前、「細マッチョに最速でなりたければプロに聞け!」でもお話ししましたが、無料独学で効果のわからない達成感を得るよりも、はるかに効率的かつ質の高い情報を得るなら身銭を着ることは必至です。
サラリーマンは一度に大金を手に入れることはできませんから、それこそリスクとリターンをよく吟味して行くことが大切です。無料情報はその判断力を得るための手段と捉えてみましょう。
私もフリーウェイトに挑戦するときにはインターネットで調べた後、パーソナルトレーナーに頼ることにしました。結局無料情報を駆使して調べて得ていた情報は超上級者向けで、初めてやる人にはレベルが高かったことがわかりました。将来の私には有力な情報かもしれませんが、当時の私には不必要な情報です。このように、人それぞれが得たい情報を最短で得ることができるのも有料情報の魅力と言えるでしょう。

結局、どれくらいのリスクなのか把握することが大切

長々と書きましたが、結局は無料情報にも有益な情報はあり最終的にあなた自身の判断力に任されています。「この人になら騙されてもいいかな」と思えるくらい、自分自身のリテラシーを上げておくことが大切です。そのためのツールとして無料情報を駆使するのがいいと思います。
何事もリスクとリターンを理解しておけば、失敗しても次に活かすことができるので納得できます。
良い判断であった場合も次までにマイルールを定めておくなど、そこに至る経路を短縮する練習を積むことができます。
日常生活も最後はリスクとリターンの判断の繰り返しです。
細マッチョへ向けて時間やお金をどう使うか?練習していきましょう!

最新情報をチェックしよう!