無酸素運動で細マッチョ!?〜筋トレの肉体的効果〜

筋トレで脂肪分解できる!

「お腹周りに付いた贅肉が気になるからランニングでもしようかな」と、安易に「痩せる」=「有酸素運動」と考えていませんか??
確かに、有酸素運動をしているときは脂質代謝が糖質代謝と比べて優位となります。
復習ですが、筋トレなどのように一度に大きな力を発揮する度合いが強い程血糖を消費する糖質代謝が優位となり、逆に筋肉に大きな負荷がかからないゆっくり走るランニングやウォーキングでは身体に蓄えた脂肪を消費する脂質代謝が優位となります。
この情報だけが一人歩きして「痩せる」=「ランニングなどの有酸素運動」となっているのかもしれません。
確かに、有酸素運動をすれば脂肪は減ります。
しかし長期的な目線で見ると、ランニングだけで脂肪を落としていくには限界があります。
おまけに、将来は筋肉量が落ちて基礎代謝が落ち「昔より太っている!!」という状態になりかねません。
ではどうするか??
痩せてメリハリBODYを作りたいのであれば、「筋トレをメインに補助的に有酸素運動を行う」が正解です!
ここでは、筋トレがいかに体脂肪分解に効果的かを見ていきます。

筋トレが脂肪分解に効果的な訳は?

筋トレはメンタルヘルス向上に重要な脳内麻薬のような物質を出すことは以前「心が負けそうになったら筋トレ!細マッチョメソッドの心理的効果!」にて紹介しています。今回は筋トレをすると肉体的にどのようなことが起こるのか覗いてみましょう!

成長ホルモンが体脂肪を分解する

簡単に言うと、筋トレをすれば成長ホルモンが出て、体脂肪を分解してくれます。これが「筋トレで痩せる」の理由です!
さらに成長ホルモンは筋肉の成長を促します。
痩せるのにも、筋肉量を増やすのにも筋トレはとても有効なのです!

運動後酸素消費量で痩せる身体に!

筋トレのように高負荷な運動を行うと、その後も代謝が高い状態が続きます。
EPOCと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?
EPOC=Excess Post-Exercise Oxygen Consumptionのことで、日本語で言うと運動後過剰酸素消費量と言います。
高負荷運動を行っている間は酸素欠乏状態です。身体はこれを後から補おうとするわけです。
その効果は24時間程続くと言われています。
これを利用すれば、筋トレを行えば日常的に代謝を高めることができて脂肪燃焼に繋がります。

筋トレ→ランニングの相乗効果!

前述した通り、筋トレをすると成長ホルモンの作用により脂肪が分解されます。
その状態でランニングのように脂質代謝優位な有酸素運動を行うと脂肪を効率良く使うことができます。
これで体脂肪率を下げることができるのです!
効率を追求するなら、筋トレ→ランニングの順番が鉄則です。
更に筋トレで筋肉の力をしっかり発揮したいのでも、やはりこの順番です。
先に有酸素運動で疲弊させてしまっては、筋肉が本来の力を発揮しきることができません。

メリハリボディのために筋トレを!

どうでしたでしょうか?筋トレ自体にも生理学的に痩せる根拠があったのです!
「痩せたいからランニング」ではなく、「痩せたい、綺麗な体をつくりたいから筋トレ」という思考に徐々に切り替えて行きましょう!
仮に、ランニングと筋トレで痩せ効果が同じであったとしても、付加価値として筋トレには身体のメリハリをつける効果があります。
単純に脂肪がない人と筋肉がある人、スーツなど同じ服を着た時によりカッコよく見えるのはどちらでしょう?
答えは簡単ですね!
一応付け加えると、有酸素運動は心肺機能や血管機能の向上に役立つので健康というゴールを見据えるのであればやらない手はありません。
やはり筋トレと有酸素運動の両輪を持つことが大切です!

痩せたいなら筋トレを始めよう!

あなたの目標が「痩せたい!」のであれば、ぜひ筋トレを取り入れてください。
筋トレはメンタルにも体脂肪減少にも大きく影響を及ぼす上、美しい肉体を作ることができます。
ランニングといえば、学生時代運動部に入っていようとなかろうととてもイメージがつきやすい運動です。
一方で筋トレは学生時代に運動部に入っていたとしてもしっかりと行う学校・競技は限られていたのではないでしょうか。
人間はイメージがつくものの方が圧倒的に取り組みやすい習性があります。
食わず嫌いしてないですか?
イメージが付かなければ、誰かに教えてもらうと良いでしょう。
誰かと約束するといえば??つまり予定に組み込んでしまうのです!
細マッチョへの道も1回のスクワットからです!
楽しんでいきましょう!


最新情報をチェックしよう!