「普通」で褒められる!?〜細マッチョBODYに必要な体組成〜

細マッチョの体組成は全て普通!?

細マッチョな肉体と聞くと、体脂肪率は1桁が当たり前で骨格筋率は高め。全体的に体脂肪率が低くて筋肉量は多いという具合に超人的な数値を想像していないでしょうか??
残業や飲み会など、毎日時間と場所の拘束が大きいサラリーマンの中でそこにたどり着ける人はどのくらいいるのでしょうか??
私達が目指すべくは、「細マッチョ」です!身体がスリムになり、疲れづらい身体を手に入れられれば、仕事や趣味や家庭でのパフォーマンスが圧倒的に高くなります。
その結果としてかっこいい体が手に入り、以前よりかっこいいスーツを着れるようになる。
私は現在2019年10月14日現在30歳ですが、細マッチョと褒められ始めたのは高校1年生の16歳くらいからだったと記憶しています。
そんな私の体組成は常に10%を切っていたか?骨格筋率は高かったのか??
家に体組成を設置して測るようになったのは大学生からですが、答えは否です。
むしろ体脂肪率10%を切った事自体が殆どなく、右手右足くらいは標準を超えたことはありますが、骨格筋率が全身すべて標準より高かったことなんてありません。

つまり私の経験上、細マッチョと褒められる肉体を手に入れる第一ステップは「全て標準圏内を維持する」です。もっというと、その中で体脂肪なら標準の低め、筋肉なら標準の高めを狙っておくことです。
意外でしょうか??「それでもハードルが高い!」という声もなくはないと思います。
全て標準というのは意外と大変と思うかもしれないですね。
ベンチプレスが好きな人に、スクワットや体幹トレーニングをやりなさいというようなものです。しかしベンチプレスだけ極めるとどうなるかというと、上半身だけ異常に大きく、下半身が細い違和感のある身体です。どうせ鍛えるなら、全身シュッとしたいと思いませんか?
それに全身標準レベルで良いということは、ハードルがそれほど高いわけではないということです。体脂肪も筋力も一朝一夕で手に入るものはないですが全身バランス良く鍛えることが大切であるイメージを掴めたでしょうか?

目指すべきが「すべて標準」の理由

スーツを着こなし、脱いだら称賛を受ける。頭は冴えており疲れづらい。そんな身体のために必要な体組成は「全身標準レベルの体脂肪と筋力」です!
もちろん細マッチョBODYとして褒められる身体を手にすると、より体脂肪率を落として筋力を高めたいと考えるのは必然です。
あくまで「第一ステップ」と捉えていただき、まずは細マッチョBODYを手に入れていただきたいと思います。

褒められたものの、測ってみるとすべて標準という事実

私自身スポーツ仲間と競技後に更衣室に行ったりたまに銭湯に行ったりすると、「ムキムキだね」「筋肉すごいね」「体脂肪1ケタ??」などという声をいただくことができます。
果たしてその時の体組成はどんなものか?
実は、その前後で計測しても何一つ秀でている箇所はありません。
バドミントンをやっている関係上、たまに右足で「高い」の1番下レベルの筋力となることはありますが、基本的にすべて標準です。腹筋が割れて自身のあった体幹すら、標準の標準。おまけに左腕に関しては標準の最低レベルなことも。少し寂しく感じる時もありましたが、これが現実です。
つまり、褒められる細マッチョBODYに必要最低限必要な筋力・体脂肪率は「標準」で良いんだということを教えてくれた体験でした。

体脂肪はなくせば良いものでもないので御安心を!

体脂肪率が高いと、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなるイメージがあると思います。
しかし、なくしすぎてもそれはまた問題です。
体脂肪の役割としては有酸素運動のような、継続的に力を発揮しなければ行けない場面で燃料として使うことができ、寒さから身体を守り内臓の位置を正しい位置に留める役割もあるからです。
細マッチョとして褒められるのであれば、10〜15%の体脂肪率で十分でしょう。
おそらく、20%あっても筋力の発達した人は細マッチョに見えますが15%くらいまでは絞っておいたほうがより一層カッコよく見えると思います。
10%を下回ろうと考える際は、デメリットを考慮した上で目指すことにしましょう。

骨格筋率をすべて「高く」するのは苦難の道

ここまで体脂肪も筋力も標準で充分!と述べてきたわけですが、改めて筋力を「高い」に持ってくことを考えた時、それは現実的でしょうか??
サラリーマンは時間と場所が拘束される職業です。
仮に毎日トレーニングをすることが出きたとして1日のうちで何時間時間を作れるでしょうか。
現在アラサーの私でもせいぜい平日に1時間、たまに2〜3時間取れれば良い方です。
おまけに毎日通い続けるのはかなりの労力がかかります。
そんな中全身の筋力をあげようとするのは至難の業ではないでしょうか。
噂によると、フィジークなど魅せる筋力を鍛える方はトレーニングに1日2〜3時間を費やすといいます。それくらい1日の中での優先順位が高いんです。
もはや競技スポーツをしているレベルではないでしょうか。
私は一般のサラリーマンです。仕事では定時の他に残業時間、様々な人間関係を深めるために飲み会に行ったり、1社会人として学ばなければならない勉強もしていかなければなりません。
家族との関係も大切なので家に帰れば家族にも時間を使う必要があります。
そう考えた時、無理に全身の筋力を「高い」とするのはやめようという結論に至りました。
あくまで競技力ではなくコンディションと見た目を得たいためのトレーニングです。
ついでに趣味のバドミントンのパフォーマンスが上がれば万々歳です。
それくらいの考えでやっていくほうが気楽で良いのではないでしょうか??

高い目標ではなく、現状把握して「標準」を目指そう!

いかがでしたでしょうか?雑誌やテレビで見るようなマッチョや細マッチョの方って、とても偉大なんです!大変努力されているのがわかります。それ故メディアに出ていけているのだと思います。
私達は一般人の中、日々の充実を図るために細マッチョを作ります。
目的が違うわけですね。
そしてその目的を考えた時、一部位ではなく全身バランス良く整えていくほうが達成できるというのはイメージが簡単なのではないでしょうか?
細マッチョづくりは難しいようで実はそうではないのです!
「普通が一番!」
是非この考え方を取り入れてみてください!


最新情報をチェックしよう!