適切マッチョは細マッチョ!!〜Fitnessについて考える!〜

今流行りの言葉、Fitnessとは??

ここ最近では日本でも筋トレがブームになりつつあると感じています。
少なくとも、私がアルバイトを始めて筋トレについて学び始めた2011年頃はまだスポーツクラブが増え始めた草創期であったと感じています。

当時は「運動は健康にいい」というイメージが先行していました。何がどういいのか?あまり世間に浸透していなかったと思います。

現在では「健康のために運動をする」から「ボディメイクのために筋トレをする」という風潮に変化してきているな〜と感じています。
その感覚の裏付けとして、最近ではとにかくプロテインやササミチキン、その他高タンパク食品をスーパーやコンビニなどで見かけるようになりました。私の感覚ではここ3〜4年の出来事です。
プロテイン業界も大儲けですね(笑)

しかし、本当にそれで良いのでしょうか??
「もっと身体をデカくしたいから筋トレしたくてたまらない!」「とにかくプロテインや肉類を食べまくろう!」そう思う気持ちは痛いほどわかります。

ここで、改めてfitnessという言葉について考えてみましょう!
何故「fitness」についてかというと、私が普段Anytime Fitnessにお世話になっているのと、私達は普段筋トレなど運動のことを「フィットネス」「エクササイズ」「トレーニング」などと表現しますが、
excerciseは「練習・稽古」、trainigもまた「訓練」という意味合いが強く、日本人のイメージとは違うと考えたためです。

fitnessという言葉を考えて見えてきたこと

fitnessとは良好な健康状態という意味が勿論ありますが、「適合、適していること」がもとの意味だと思います。
その証拠に、
fit=「相応しい、適当な」、-ness=性質や状態(を表す名詞を作る)
と分解できるからです。
つまり本人にとって、あるいは周囲の環境に対して「適切な性質・状態」を持っていることをfitnessということです。「適切な性質・状態」が転じて、「良好な健康状態」という意味を持つようになったのでしょう。
では、適切な性質・状態を見失う事の無いようにするにはどうすれば良いでしょうか??

一般的な「マッチョ」のレベルは高すぎる

最近ではtwitterやyoutubeで筋トレで鍛えた自身の肉体を披露している方々も多いと思います。テレビでも心なしか筋肉モリモリ系の方の露出が増えているように感じます。
そのお陰か、世間でも「あの身体を目指すぞ!!」とイメージを持って筋トレに励み、プロテインやサプリを摂取して努力している方々も多いと思います。
しかし、目指すことは大切ですがそこまでの筋肉はあなたにとって大切なのでしょうか??
ボディビルやフィジークを目指す方にとってはとても大切ですが、競技としてではなく、あくまで健康と外見のためであれば、「適切な」細マッチョこそが目指す像ではないでしょうか??
あなたは肉体作り以上にやらなければならないことが多いはず。
であればゴリゴリなマッチョを目指さなくともカッコよく疲れづらい肉体は手に入ります。
また、細マッチョを得たからと言って度を超えて磨きすぎることも本当に必要なのか??疑問を呈します。
何度も強調しますが、競技として磨くのであれば別です。(笑)
サラリーマンのように時間や生活環境に制限があるのであれば、生活習慣病にかからず、旅行をしても周囲よりも疲れない体力を持ち、ついでに周囲から褒められる肉体美をもつ細マッチョというレベルで良いのではないでしょうか??
筋トレのやりすぎ、脂肪の落としすぎ、サプリの摂りすぎは外見はカッコよくても必ず肉体に大きなストレスがかかります。何より継続ができません。
こういうときこそ、人間中身で勝負だとは思いませんか??それに、私が考える細マッチョレベルがすでに褒められる肉体なのですから。

目的別で体型は違う

マラソンランナーと力士を思い浮かべてください。どちらもアスリートです。毎日練習に食事に生活環境まで全てに気を使って生活している方々です。
しかし、体型は全く違いますよね??
マラソンランナーは長い距離をできるだけ早く走る持久力が必要。力士は試合時間が圧倒的に短く、一瞬で多くのパワーを出して勝負を決めなければならない。
つまり、両競技の選手の体作りの目的は全く違います。
このように、目的別に目指すべき体型というものがあるのです!
ということは、何故細マッチョになりたいのか?深堀りする必要がありますね。
私にとって細マッチョを磨く理由は次のようになります。

・バドミントンのシングルスに適した身体となり競技パフォーマンスを上げたい。
(勿論アマチュア)
・スーツが似合う体型を磨きたい(肩幅が多少広くて姿勢がよく、ウエストが細く足がながくみえる)
・健康でありたい(細マッチョを磨くプロセスが大切)
・フルマラソンでサブスリーを目指したい(筋肉があればいいというものでもない)
・褒められたい(笑)

などです!
みなさんも最低3つは理由を考えてみましょう!
その上で、その理由を満たす体型は一体どのような体型なのかイメージしてみて下さい。
それこそがfitnessなのです!

無理せずに継続して造る=習慣化が一番大事!

細マッチョになるなかで最も大切と私が考えているのは、「健康になること」です。
なぜなら、健康こそが「時間」という根本の鍵を握っているからです。
私達は時間があるから、仕事ができる。
私達は時間があるから、家族と楽しい時間を分かち合える
私達は時間があるから、仲間たちと楽しい時間を共有できる。
挙げればキリがありません。
そして、健康寿命がながければ長いほど、このような充実した時間を多く作り出すことができます。
ということは、細マッチョづくりでいちばん大切なのは、「継続すること」に尽きます!
ボクサーの減量期を想像してください。
昔、あしたのジョーというマンガで力石徹が亡くなったのは無理な減量が祟ったからです。
彼がもし現実にいるとすれば、間違いなくキレッキレの細マッチョです。
誰もが羨むかっこいい身体だったはずです。
しかし、それは身体にとって過酷すぎる負荷を与えて作り上げたものだったのです。
流石にそこまでやる方はいないとは思いますが、身体に過酷な負荷を与え続けていてはいつか崩壊してしまいます。そして病気や怪我となって現れます。
それでは本末転倒です。
習慣化を見据えて、健康的な体作りを目指しましょう!

細マッチョづくりの目的を考え直してみよう!

いかがでしたでしょうか??凝り性の方は特に、より高みを目指して筋肉を大きく太く、ゴリゴリにしようと躍起になってしまうもの。それは本当に素晴らしいです!しかし冷静に考えてみてください。あなたが体作りをして得たいものは何でしょうか??
誰かと比べて身体がキレてないから自信を無くす必要もないですし、逆に自分の方が優れているとマウンティングする必要もありません。それらはただの自己満足です。
そうではなく、1日1日を自分の身体と相談しながら健康を作り上げていく。
そして継続することで人生で一番大切な「時間」を確保する。
これで充分ではないでしょうか??

ということで、目的を考えて細マッチョづくりを見直してみましょう!
それこそが真のfitnessなんです!


最新情報をチェックしよう!