最強の細マッチョ習慣は早朝から!〜早朝トレで感じた変化!〜

筋トレは早朝がベスト!

早朝筋トレしよう!と言われてどう感じるでしょうか??
昔の私自身であれば、「そこまではいいよ」と感じていたことでしょう。
しかし現在であれば、早朝筋トレこそ忙しいサラリーマンにオススメであると言えます!
過去、早朝をお勧めする理由を書きましたが、当時は駆け出しでした。
今ではその恩恵がかなり見えてきたので共有していきます。
ちなみに過去記事はこちら!
細マッチョは能動的に時間を作り出す!〜早朝トレのススメ〜
私自身、現在週3ほどいけてる早朝筋トレですが思い立ったはじめは月に2〜3もいけてたか怪しいです。
しかし数年越しにやっとここまで習慣化できるようになりました。
早朝の習慣に入れる理由は、アフターファイブは残業や飲み会で予定が定まらなかったこと、休日の朝予定がないとだらだら寝てしまい正味時間が大きく減ってしまうこと、満員電車が嫌なのでなるべく早く出発する理由を作ることという感じでした。
実際、早朝筋トレの習慣を作ることで以前よりも運動頻度が格段に上がりました。さらに夜に運動する予定を入れれば燃焼効果も高まって良いことだらけです!
週に2ほどやっている趣味のバドミントンでは鈍りを抑えられ、ランニングも走る練習をしていないのにサブ3.5を維持。スポーツにも効果絶大です!
人間の生理周期としても朝4:00〜12:00は排泄。体温を高めて汗をかくこと自体が身体に合ってます。
目的にあっていれば朝筋トレでも朝ランニングでも大丈夫です。早朝なので一人でできる種目じゃないとできないとは思います。
ただし、朝は身体が水分を失っている状態。血がドロドロの状態で行うと血管や心臓に過度な負担がかかり最悪の場合急性心筋梗塞なんてことになりかねません。
朝起きたらコップ1〜2杯の水を飲んで20分位時間を空けてから運動することを心がけましょう。私自身は朝起きたら水を少しずつ合計500ml飲み、梨、りんご、パインなど水分の多いフルーツを朝食として食べてからジムに向かいます。

ジムでは45分くらい筋トレをして汗をかき、家に帰ってシャワーを浴びて通勤します。
運動してから出勤するのは気持ちがいいですよ!それに残業が続いている時などはこの方法じゃないと運動をすることができません。
「自分の時間を生きる」という実感にもつながり精神的にも落ち着きます。
寝てる時間を1時間短くしてでも運動を入れるべきとさえ思います。
そこまで確信を持ってお勧めする早朝筋トレ。
何がそんなに良かったか、私自身の変化を紹介していきます。

早朝筋トレを習慣化して良かったこと

現在、週7日までは行かないですが4時半に起きてDMM英会話をしています。
その後朝食のフルーツをカットして食べ、ジムに行って45分間筋トレを行いシャワーを浴びに帰って出勤という生活をしています。
最初こそ壁は大きかったですが、乗り越えた今は以前より断然充実した日々です。

早起きに慣れ、朝活の第一歩!戦略的に昼寝をする

朝は誰にも邪魔されない時間です。それに目や精神的疲労も溜まっていません。
この時間に「人生において大切だけど緊急ではないこと」をやることは大きな意義があります。
私であれば筋トレして心身のコンディションを整え、現在であれば本ブログを書き、視野を広めるために読書をしています。
時には資格試験のために朝の時間使ったときもありました。英語やドイツ語、中国語といった語学の勉強に充てたときもありました。
他にも溜まりに溜まった家事をして部屋をスッキリさせ、頭をスッキリさせるのも有効です。
そしてこれに必要なのは、早起きすることです。
とてもシンプルですね。
でも中々難しい!
その一つの案が「人と約束すること」ですが、いかにこの時間が大切か最初に認識しておくことも大切です。
人と約束する意義についてはこちら。
細マッチョは能動的に人と約束する!〜行動を変える技術〜
私の、家が職場と近いサラリーマン仲間がよく、「今日は8時半に起きたけど9時出社の仕事間に合ったよ〜」という自慢のような話を耳にしますが、とても勿体無いとおもいます。折角通勤電車がないのに、何も自身の視野や知見を広げる勉強をしていない。
1日10分しか取り組んでいなかったとしても、10分×週5日×約50週間=2500分≒42時間 もの時間を自己研鑽に使えることになります。
42時間といえば、出勤日数にして5日程。年に1週間も自分の時間が増えるんです。
1日1時間とれれば、その6倍。約1ヶ月です。御自身の取り組みだけで1年が今よりも1ヶ月長くなります。
これが5年、6年と経つに連れて差がどんどん開いてきます。私自身、新入社員の頃から継続して今や6年目です。控えめにいっても1ヶ月1冊のペースでビジネス書を読み、資格取得やアウトプット活動を通して得た知見や知識、行動力や考え方は同期入社の人たちとは比べ物にならないことを実感しています。逆にいうと、気づいたら自分のベースの考え方が変化しすぎて同期の仲間と話を合わせられても生産的な話ができなくなりました。
でも人それぞれの人生観、必要以上に口出しする必要はないですね。

ところで、ここで一つ提案です。
私自身、朝4時半に起きて活動していれば途中で眠気が生じます。
ということは昼寝をしなければいけません。
1回15分で良いです。昼休みに1度摂ることをお勧めします。
昼寝と昼寝の間は2時間以上開けて、1日3回ほど摂ると眠気が取れて集中力が増します。
入眠にも練習が必要ですが、是非取り入れてみてください。

一日の正味時間が長くなった、英会話始められた!

先程書きましたが、私は少なくとも平日5日のうち大体週3回のペースで4時半に起きてオンライン英会話をし、朝食の果物を切って食べ、前日に残っていた家事をある程度片付け、ジムで筋トレをしてから出勤しています。

この4時半〜7時半の3時間の密度、半端じゃないですよね??
逆に夜も起きようとするものの夕食を済ませて入浴すればもう力尽きます。
ブログを1記事上げようと頑張りますが叶わない日も多いです。
明らかに朝と夜で時間の密度が違います。
「緊急じゃないけど人生に大切なことをする時間」に充てるなら、断然朝だということをご理解いただけるでしょうか??
また起きてる時間も23時までが多いです。
これでも十分眠気は取れます。意外と、だらだらしたい気持ちが眠気を導いていることに気づいたんです。
今数えてみると1日18時間くらい活動してますね。
これが7時間睡眠や8時間睡眠にこだわっていたら1〜2時間は短くなりますね。
常識に囚われず、あなたに最適な睡眠時間を探してみましょう。

起きてる時間もそうですが、その間にやれたことを考えると頭がすっきりした状態で取り組む朝活は時間対効果を2倍にも3倍にもしてくれます。つまり、1日の時間を密度で考えた場合、正味時間がめちゃめちゃ長くなっているんです!
自分の時間を取り戻しましょう!

冬でも寒くない!薄着で過ごせる!

これは副次的な効果です。詳しくは別記事にて書いてます。
「細マッチョは冬でも寒くない!〜健康な細マッチョは寒さ知らず!〜」※執筆中
私は関東に住んでますが、スーツのジャケットを羽織れば、マフラーさえあれば冬の寒さは凌げます。
細マッチョの場合は体質改善により身体が暖かくなりますが、道半ばでも早朝トレによって体温が上昇します。
そのため一定時間身体が温かい状態が続きます。
時には半袖でも多少であれば外を出歩くことができるレベルです。
それくらい身体が温かい状態で仕事に行けば、寒がる周りの人たちを背に活力高くバリバリ仕事できますよね!
さらに、体温と免疫力との間には相関があります。体温が高いほど免疫力が高くなるんです。
もちろん、運動しすぎで体力を消耗し切った場合は免疫が下がるというデータがありますが、早朝トレでそこまで行ける人は稀です。気にしなくて良いでしょう。

早朝トレで風邪を引きづらくなります!

週1回からはじめよう!

どうでしたでしょうか??
早朝トレがいかに素晴らしいかご理解いただけたでしょうか??
私も最初は全くできませんでしたが、朝の時間の貴重さを思い知ってからはいかに早く起きる仕組みを作るか思考を凝らしています。
最初は週に1回からでいいです。
頑張って起きてみましょう!
週1を繰り返すうちにやがて週2回、3回と実行できるようになります。
今日から生活リズムを見直し、「緊急じゃないけど大切なこと」に時間を使っていきませんか?

細マッチョは最強の肉体
最新情報をチェックしよう!